【ラストダンジョン前の村の少年】 あらすじ・無料立ち読み

こんばんは、なつきです。

 

ラストダンジョン前の村の少年

 

の、感想を書いていきます。

 

 

 

主人公の少年。見た目はとても普通の子で、都会に出て来ればやはり田舎者として少し浮いてしまうようなところがあります。

 

そんな彼なのです、が実は彼が住んでいた村というのは最果ての村でありモンスターが一番強く魔王城に一番近い村に住んでいたのです。

 

つまりラストダンジョン近くの村の人間が、ゲーム開始の初めての街に来て軍人を目指すと言うそんなお話になっています。

 

村を出た少年は、王都に住んでいる村長の弟子である魔女の所に向かいます。

 

最初は怪訝な顔をしていた魔女でしたが、彼があの人村長のいる村の住人だと知ると急に態度が急変。

 

色々と対応してくれるのです。

 

そしてその魔女と一緒に住むことになった少年。

 

どうやってこの街まで来たのかを尋ねられると、とんでもないことを口走ります。

 

彼がいたのは最果ての村。今いる町は大陸の一番南側。

 

そこまで行くのには大陸を横断しなければいけません。

 

強いモンスターもいて、徒歩や一人ではたどり着けないような陸路です。

 

人々は汽車と電車を乗り継いで何日もかけて、この街へを目指すのですが、少年は何と

 

走って六日間かかりました

 

と言ったのです。

 


めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【たとえばラストダンジョン】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼
クリック
⇒『たとえばラストダンジョン前の村の少年』を読む

 

しかもその村の住人であれば2日で着くとのこと。

 

常識外れたその言葉に驚く魔女は一つの事を思い出します。

 

そう、彼が住んでいた村というのは、ラストダンジョン…魔王城に一番近く、魔王を倒した勇者たちがついの住まいのすみかとして住んでいた村。

 

人知れず魔王や巨大なモンスターたちを食い止めていた村なのです。

 

自分は弱いという少年ですが実はその村に対してのみ言えることであって、この街にとって彼の強さは最強以外の何者でもありませんでした。

 

無自覚な最強の少年を物語が始まります。

めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【たとえばラストダンジョン】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『たとえばラストダンジョン前の村の少年』を読む

 

Step1.「たとえばラストダンジョン」で検索

 

Step2.「無料立ち読み」をクリック

Step3.無料試し読み開始です♪

クリック
⇒めちゃコミはこちら