【ラストダンジョン前の村の少年】人外魔境最果ての村から来た少年 あらすじ・無料立ち読み

 

人外魔境最果ての村から来た少年の物語

 

 

ラストダンジョン前の村の少年

 

の、感想を書いていきます。

 

 

物語の始まりは「平和な村コンロン」

 

村の人たちが反対する中、憧れの 王都の軍人になるために、少年は一人旅立つ事を決意します。

 

少年が向かった先はアザミ王国。

 

交易の盛んなこの大都会に 少年は足を踏み入れました

 

そんな彼が向かったのは事の東地区であるイーストサイド 猥雑で治安悪いふきだまりの町と呼ばれるところでした

 

イーストサイドの魔女と呼ばれる村長のお弟子さんを頼って 向かう少年。

 

そこにいたのは 魔女の衣装に身を包んだマリーでした。

 

最初こそ、不機嫌そうに少年に接していましたが、村長の名前が出てくると態度が急変。

 

急にお茶を入れ始め、少年をもてなし始めます。

 

そこに村長からもらった水晶玉を出してみると村長の姿が 。

 

なんやかんやと会ってその魔女のところで暮らすことになった 少年ですが、王都まで来る道筋の話の中からとんでもないことに気がつきます。

 

彼がいた村は大陸の最果て 。南端のこの王国までは汽車と馬車を乗り継いでの大変な旅になります。

 

道中では危ないモンスターにも遭遇することもあるので、ここまで来るので 大変だったでしょうと聞かれた 主人公は、少し落ち込んだ表情で「6日はかかりました」と伝えます。

 


めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【たとえばラストダンジョン】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼
クリック
⇒『たとえばラストダンジョン前の村の少年』を読む

 

乗り継いで それぐらいだったら大変だったでしょうという魔女に、彼は「走ってきたのに6日もかかってしまいました」と 告げるのです。

 

普通はもっと早く着きますよね、という少年ですが 危ないモンスターが多い大陸を横断するということは通常の人間であれば 命を落とす事もある事。

 

しかし彼の村の人間だったら走って2日で着くと言い張っています。

 

彼の 住んでいた村は 古の英雄たちは世界を救った後世俗を離れ安らぎを求めた集落、「人外魔境最果ての村コンロン」

 

世界の厄災 魔王やらを 人知れず食い止めている 伝説級の村の出身 だったのです。

 

めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【たとえばラストダンジョン】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『たとえばラストダンジョン前の村の少年』を読む

 

Step1.「たとえばラストダンジョン」で検索

 

Step2.「無料立ち読み」をクリック

Step3.無料試し読み開始です♪

クリック
⇒めちゃコミはこちら