【薬屋のひとりごと】煌びやかな後宮で渦巻く事件 ネタバレ・無料立ち読み

こんばんわ、なつきです。

 

煌びやかな後宮で渦巻く事件

 

薬屋のひとりごと

 

の、感想を書いていきます。

 

 

主人公の猫猫は、花街で薬師として働いていました。

 

 

しかし、不運にも薬草を採取している山の中で人攫いにあい、後宮へ売り飛ばされてしまうのです。

 

 

下女として働くことになった猫猫が務める後宮は、帝の子をなすための女の園。

 

 

皇帝に気に入ってもらおうと、自分を着飾って化粧を楽しむ美女揃いの妃たち。

 

 

折角薬師としてやってきた猫猫は、とても煌びやか過ぎるその場所から早く離れたいと思っていました。

 

 

女官の中には字も読めない人もたくさんいます。

 

 

後宮に務める以上事前に礼儀は叩き込まれるのですが、学となれば話は別。

 

 


コミなびで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【薬屋のひとりごと】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼
クリック
⇒『薬屋のひとりごと』を読む

 

そんな下女でも極まれに下級ではあるが、妃になる事があります。

 

 

つまり、見た目なのです。

 

 

ソバカスとぺったんこで絶壁な自分には関係話だな、、、と自分で言いながらショックを受けつつ仕事に勤しむ彼女。

 

 

結局文字が読めても、別の仕事が待っていて、給金が上がった所で人攫いをした誘拐犯に間引きされる金額が増えるだけなのです。

 

 

とにかく目立つわけにはいかないので、薬師としての身分を隠し過ごしている彼女の耳にとある、妙な噂が入ってきます。

 

 

その噂は、帝の世継ぎの赤子のうち3人が生まれたから、間もなく命を落としてしまっているという事でした。

 

 

今いる二人の息子と公主が今も生きてはいますが、体調はよろしくない状態。

 

 

誰の陰謀かわからず、衝突する妃たち。

 

 

そんな中、公主の親である玉葉妃に呪いの嫌疑がかけられてしまいます。

 

 

そんな中、猫猫はこの事件の真相にたどり着いていて、、、!

 

コミなびで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【薬屋のひとりごと】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『薬屋のひとりごと』を読む

 

Step1.「薬屋のひとりごと」で検索

Step2.「無料立ち読み」をクリック

Step3.無料試し読み開始です♪

クリック
⇒コミなびはこちら