【薬屋のひとりごと】毒見のお仕事が舞い込んできて?! ネタバレ・無料立ち読み

こんばんわ、なつきです。

 

毒見のお仕事が舞い込んできて?!

 

薬屋のひとりごと

 

の、感想を書いていきます。

 

薬屋のひとりごとは、文庫の大人気タイトルが待望の漫画化したお話です。

 

 

花街で薬師として義父と共に暮らしていた、主人公の猫猫。

 

 

ある日、薬草を取りに行った先で人攫いに会ってしまいます。

 

 

そのまま後宮に売り飛ばされてしまった彼女は、下女として働くことになりました。

 

 

それから3か月。下女としての暮らしに慣れてきた猫猫には、年季にお役御免で解放される事を目標に頑張って働いていたのです。

 

 

後宮。そこは皇帝が住まう宮中に建てられた女の園。

 

 

皇帝の子供を成すためのこの場所は、同時に多数の妃たちが火花を散らす場所でもあったのです。

 


コミなびで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【薬屋のひとりごと】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼
クリック
⇒『薬屋のひとりごと』を読む

 

 

花街と同じように女性が着飾り、むせかえるような化粧の匂いが取り巻く後宮。

 

 

男の人は皇帝とその血縁者しか入れない、女の園。

 

 

できればこの場を早く去りたいと考える猫猫でしたが、ある事件をきっかけに侍女として出世をしてしまいます。

 

 

折角お役御免を目指していたのに、自分専用の部屋まで用意してもらい、彼女の後宮生活は大きく変化するのです。

 

 

しかも、周りの侍女たちはお菓子をくれたり、何かと気遣ってくれたりしてきます。

 

 

何かおかしなことでもあるのかと、不思議がっていた矢先、彼女に任命されたのは「毒見のお仕事」だったのです。

 

 

猫猫が仕えている「玉葉妃」は、過去に2回食事に毒を盛られてしまい、その都度毒見役の侍女が命を落としたり、後遺症を残してしまうと言う悲惨な惨状が会ったのです。

 

 

侍女の人たちは猫猫が幼いのに毒見役に指名されてしまった事を憐れみ、優しく接してくれていたのです。

 

 

そんな心配を他所に、毒見用のご飯を美味しそうに頬張って堪能していく彼女。

 

 

実は、猫猫は好奇心から実験と称して自分の身体を毒にならしていたことがあって、、、!

 

 

コミなびで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【薬屋のひとりごと】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『薬屋のひとりごと』を読む

 

Step1.「薬屋のひとりごと」で検索

Step2.「無料立ち読み」をクリック

Step3.無料試し読み開始です♪

クリック
⇒コミなびはこちら