【柳原くんはセックス依存症。】セックス依存症の禁断症状 あらすじ・無料立ち読み

こんばんわ、なつきです。

 

セックス依存症の禁断症状

 

柳原くんはセックス依存症。

 

の、感想を書いていきます。

 

 

柳原広樹の手によって、少しずつだが男性への恐怖心が楽になっていく志帆。

 

 自分のことを助けてくれた広樹を、少しでもなにかしてあげたい。

 

できれば、『セックス依存症』を改善させてあげたいと思い、その解決の糸口を調べることにします。

 

しかし、専門医との相談では、強追症のひとつで心理療法が伴う。

 

また、必要であれば薬も処方されるらしいのでした。

 

どこを探しても、同じ内容ばかりでこれといった解決口が見えずにため息をつく志帆。

 

と、何か肩に重みを感じると思えば、そこには具合の悪そうな広樹だったのだ。

 

慌てて声をかけると「ごめん、我慢できると思ったけどもう限界」、との言葉。

 

聞けば、広樹は志帆との約束を守り通して、昨日から誰ともセックスをしていないというのだった。

 

それにより、禁断症状が出て苦しんでいると理解する。

 

約束を守っていたことに驚きつつも、とりあえずベッドに寝かせて広樹の手を握りながら事情を聞くのでした。

 

辛い表情の広樹。しかし、自分の知識ではどうすることも出来ないくやしさに落胆する。

 

そんな姿を見た広樹は「まだ怖いですか?」と、逆に心配されてしまう立場に。

 

情けない気持ちでいっぱいの志帆は、彼に誤解されないようにと「広樹君にだけは、少し触れても大丈夫になったかも」と、感謝をこめて伝える。

 

すると、その言葉に反して広樹は「もっと俺の感触覚えてください」と、志帆の首筋にキスをする展開となってしまうのでした。

 

 


めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【柳原くんはセックス依存症】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼
クリック
⇒『柳原くんはセックス依存症』を読む

 

広樹君、偉すぎですっ!

 

ちゃんと先生の約束である「セックスをしない」というのを守っていたあたり、凄くがんばったなぁと思ってしまいました。

 

しかし、そのがんばりが禁断症状を発症してしまうのが、また辛いところです。

 

 志帆さんの、広樹君を助けたいという気持ち、凄く理解できるために読んでいる自分までついついうなずいてしまうくらいでした。

 

めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【柳原くんはセックス依存症】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『柳原くんはセックス依存症』を読む

 

Step1.「柳原くんはセックス依存症」で検索

 

Step2.「無料立ち読み」をクリック

Step3.無料試し読み開始です♪

クリック
⇒めちゃコミはこちら