【放課後、ラブホで、先生と。】家庭事情と成績は関係ないと言い張る先生 あらすじ・無料立ち読み

こんにちは、なつきです。

 

家庭事情と成績は関係ないと言い張る先生

 

放課後ラブホで先生と

 

 

の、感想を書いていきます。

 

 

保健室で眠る主人公の藤原柑奈。

 

そんな姿を、ただ静かに見つめるのは、柑奈の学校の教師である、斉藤晴臣でした。

 

柑奈の眠る姿を眺めつつも、晴臣の脳裏にはとあることが蘇ります。

 

それは、教員室での一件でした。

 

柑奈の担当教師である、竹内先生に呼ばれた晴臣。

 

どうやら、晴臣が柑奈に補習をしていることについて、詳しく聞きたいようであり、妙な口ぶりで話します。

 

それに対して、晴臣は、柑奈の頑張りを認めるように「頑張っていますよ」と答えるのでした。

 

しかし、そんな晴臣の言葉を信じられないような風に言う竹内。

 

 結果が出ていないとのことを指摘された挙句には、自分の持つクラスに留年生を出したくないようであり、柑奈の立場など気にせずに言う竹内。

 

さらには、晴臣が生徒内では人気の先生であり、授業も分かりやすいでしょうから頼もしいとのおべっかを話します。

 

そんな話を聞きながらも、内心飽きれ気味の晴臣。

 

記憶の片隅に、柑奈の姿が思い浮かび、竹内に柑奈の家庭の事情について聞くのでした。

 

両親がなくなり、自分ひとりで生きていくために必死なこと。

 

そして、それが原因で成績低下につながっていること。

 

だが、そんな竹内はすべてを知っていながらも両親がなくなったからといって、成績とは関係ないと放つのでした。

 

めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【放課後、ラブホで、先生と。】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『放課後、ラブホで、先生と。』を読む

 

いろいろと無理がたたっのか、柑奈ちゃんに身体が心配でしょうがないです。

心配する晴臣先生の、少し切なそうな顔がなんともいえずに、ついこっちまで胸がくるしくなってしまいました。

 

そんなところを、竹内先生の言葉。なんだか、すごく複雑な気持ちになってしまいます。

 

めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【放課後ラブホで先生と】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『放課後ラブホで先生と』を読む

 

Step1.「検索」をクリック

 

Step2.「放課後ラブホで先生と」で検索


Step3.「1話目を無料で読む」
クリック
で試し読み出来ます♪

クリック
⇒めちゃコミックはこちら