【パーフェクトワールド】車椅子と共に歩むということ 感想

こんにちは、なつきです。

 

パーフェクトワールド

 

車椅子と共に歩むということ

の、感想を書いていきます。

 

 

 

このお話は再会した初恋の人が車椅子の障害者になっていたという、衝撃的な展開から始まります。

 

 

そして、初恋の人とともに、障害の苦難の道を歩いて行く物語になっています。

 

 

最初は少女漫画のように、色々苦難乗り越えてハッピーエンドというお話かなと思って読んでいましたが、いい意味で裏切られたお話になっています。

 

その苦難、 乗り越えるべき困難なことが、主人公を思う家族の反対だったり、心なりライバルからの仕打ちだったり、

 

 

世間の目、床ずれ・感染症、排泄のお世話だったりと

 

 

とてもリアルで途中で読むのがしんどくなってしまうほど涙なしには読めない物語です。

 

 

私の周りには車椅子で生活をされている方はいらっしゃいません。

 


めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【パーフェクトワールド】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼
クリック
⇒『パーフェクトワールド』を読む

 

 

その生活の大変さは、なんとなく、ドラマとかを見て分かっていたつもりでいましたが

 

 

この漫画はドラマなどでは描かれていない、シモの世話など本当にリアルな描写がたくさんありました。

 

 

障害のこと介護のこと知らないことばかりで健常者の家族が娘の幸せを願う一心で反対する場面や、

 

 

一生介護が必要な障害者と付き合っていくという大変な現実

 

 

本当に努力や愛を超えたものが必要なんだなと、この物語を読みながらひしひしと感じました。

 

障害を乗り越えていく二人の先に、共に歩める幸せな人生が待っていることを切に願います。

 

めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【パーフェクトワールド】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『パーフェクトワールド』を読む

 

Step1.「パーフェクトワールド」で検索

 

Step2.「無料立ち読み」をクリック

Step3.無料試し読み開始です♪

クリック
⇒めちゃコミはこちら