なつきが読んで面白かった漫画の感想・ちょっとしたネタバレ書いていくよ!

なつきのオススメ漫画

カラダ探し ミステリー

『カラダ探し』恐いのに思わず読んでしまう漫画 ネタバレ・感想・無料立ち読み

更新日:

こんにちは、なつきです。

 

カラダ探し

 

恐いのに思わず読んでしまう漫画

 

の、感想を書いていきます。

 

 

カラダを探して死んでも死ねないという無限ループに陥ってしまう高校生の男女を描いた漫画、

 

「カラダ探し」は、グロテスクな漫画が好きな人、サスペンスものが好きな人、ホラーものが好きな人、

 

どの人がみてもはまること間違いない作品だと思います。

 

終わりが見えないカラダ探し、夜にカラダ探しをし、残酷に殺されても朝には生き返り、

 

また同じ今日を過ごさなくてはならないという怖さがいつまで続くのかという恐怖だけではなく、

 

カラダ探しをしているなかで仲間割れをしたり、精神的に参ってしまう姿なども上手に描かれていますので、

 

 

グロテスクな描写が多くて、見ている側も精神的に疲れてしまうのに、続きが気になってしまい、

 

ラストをみたいと夢中になって読むことができる内容となっています。

 

無駄なシーンもなく、テンポもとても良いですのでラストまで一気に読み進めていくことができます。

 

赤い人が自分の背中に乗り、歌を歌うのをもうすぐ殺されるというなかで、聞かなくてはならないという恐怖心、

 

何度も殺されるという恐怖と、同じ毎日を過ごさせられるなかで、昼間の平穏な時間に赤い人について調べていくなかで、

 

赤い人について詳しそうな人が登場していくというのも、ハラハラ感のなかにミステリー的な要素も加わり、夢中になって読んでいました。

 

BookLive!コミックで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【カラダ探し】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『カラダ探し』を読む

 

『カラダ探し』恐怖のカラダ探しをさせられる漫画 ネタバレ・感想・無料立ち読み

 

カラダ探しを頼まれた人は、カラダを探し出すまで死んでも死ねないというルールの元で、

 

 

恐怖のカラダ探しをさせられるという漫画、「カラダ探し」は、バラバラにされたカラダを探すために、

 

 

夜の学校へと集められる六人の生徒ですが、赤い人に追われて殺されるという描写がとてもグロテスクに描かれており、

 

 

目を背けたくなるような描写が多い内容となっています。

 

しかし、そのグロテスクな描写が苦手であっても、この漫画のストーリー性に惹かれてしまい

 

 

この六人がどうなるのか気になって怖いもの見たさで読む手が止まりませんでした。

 

 

赤い人に追われながらカラダ探さなくてはならないという恐怖だけではなく、

 

死んでも死ねないというルールをうまくいかして、

 

 

人間関係なども織り混ぜてあり、死にたくないからと誰かを裏切ってその場を逃げ切れたとしても、

 

 

また「今日」に戻り、裏切ったものは責められてしまうという

 

 

これまでにはないようなおもしろさを感じることが出来ました。

 

 

目に見えない赤い人の恐怖だけではなく、人間関係、恋愛などにおいてもしっかりとストーリーに込まれていますので、

 

 

グロテスクな描写だけに重きをおいたストーリーではなく、しっかりと構成された作品だと感じました。

 

BookLive!コミックで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【カラダ探し】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『カラダ探し』を読む

 

『カラダ探し』無理矢理カラダ探しをさせられる ネタバレ・感想・無料立ち読み

 

「カラダ探し」は、同級生のカラダ探しを頼まれたことから、夜中の12時になると例え家にいたとしても学校へとワープしており、

 

無理矢理カラダ探しをさせられるという、ミステリーとグロテスクな漫画が好きな人にはたまらない作品となっています。

 

カラダ探しを頼まれた男女六人が、学校のなかに散らばっているカラダを探すために、赤い人に追われながらカラダを探していき、

 

追われている途中で振り向いたら残虐に殺されてしまうという内容となっているのですが、この漫画の恐ろしさというのは、

 

死んだら終わりということではなく、死んでも翌朝には生き返っており、カラダ探しを頼まれてしまい、

 

再びカラダ探しをさせられるという、逃げることができない恐怖がそこにあるということです。

 

殺し合いの漫画や得たいの知れないものにクラスが狙われてしまうという内容の漫画というのは多いのですが、

 

この漫画のポイントは、死んでも終わらない、ただカラダ探しで得た恐怖だけを忘れることがなく、

 

殺される痛みや恐怖を知った上でカラダ探しをさせられるという点であると思います。

 

トラウマになりながらもカラダ探しを続けなくてはならない、カラダのパーツを少しずつ集めていくなかで

 

追いかけられて再び殺されるという恐怖が見事に描かれている漫画だと思います。

 

BookLive!コミックで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【カラダ探し】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『カラダ探し』を読む

 

『カラダ探し』心理的な恐怖を与えてくる漫画 ネタバレ・感想・無料立ち読み

 

友だちから自分のカラダを探してとお願いされたことから、恐怖の夜が始まるというストーリーの、

 

「カラダ探し」の恐ろしさというのは、一言で表すのはとても難しいほど、グロテスクな描写だけではなく、心理的な恐怖を与えてくる漫画です。

 

夜の学校で「赤い人」を見たら絶対に振り返ってはいけない、振り替えったらカラダを取られてしまうという怪談が噂されている学校で起こる、

 

怪奇現象を描いた漫画となっているのですが、この漫画の恐怖というのは意図しなくても夜中の12時になると校門に集合させられ、

 

カラダ探しをさせられるということ、カラダ探しに失敗をして殺されたとしても、次の朝には生き返り、

 

同じ日を過ごすことになるということだと思います。

 

主人公が死んだときの感覚を覚えていたり、致命傷となった場所に痛みを感じたり、同じような痛みを感じたくないと夜が来るのを恐怖に感じるなど、

 

心情がとてもリアルに描かれていますので、一度カラダ探しに失敗をしても、また同じ恐怖と痛みを感じなくてはならない、

 

死んだから逃れられるということではなく、カラダを探すまで続いていくというのが、尋常ではないほどの恐怖心を感じることができ、

 

追われる恐怖などよりも遥かに恐ろしく、ラストがどうなるのか気になり、読む手を止めることができない漫画です。

 

 

BookLive!コミックで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【カラダ探し】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『カラダ探し』を読む

 

Step1.「カラダ探し」で検索

 

Step2.「無料立ち読み」をクリック

Step3.無料試し読み開始です♪

 

クリック
⇒BookLive!コミックはこちら

 

 

-カラダ探し, ミステリー
-, , , , , , , , , ,

Copyright© なつきのオススメ漫画 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.