なつきが読んで面白かった漫画の感想・ちょっとしたネタバレ書いていくよ!

なつきのオススメ漫画

ヒューマン 私の少年

『私の少年』30歳のOLと美少年の純愛 ネタバレ・無料立ち読み

更新日:

 

こんにちは、なつきです。

 

私の少年

 

30歳のOLと美少年の純愛

 

の、感想を書いていきます。

 

 

 

 

主人公の多和田聡子はどこにでもいる30歳のOL。

毎日一生懸命仕事を頑張っていますが、彼氏もいない1人暮らしで少しの孤独を感じていました。

そんな聡子が仕事帰りに公園で見かけて話し掛けたのが真修。

真修は美少女と見間違えるほどに細い体で美しい顔面を持った12歳の男の子。

酔っぱらっていた聡子は夜に1人でサッカーの練習をしている真修に勢いでサッカーの指導をします。

それが2人の出会いでした。

話しをするようになり、聡子は真修が親に面倒を見てもらえていない、

色々と我慢をしているけれど、それすらも自分のせいだと感じている男の子だということを知り、

「放っておけない、自分に出来ることをしたい」と思うようになります。

読み進めると分かりますが、真修がただ聡子に支えられているわけではありません。

人間関係の中でイライラしたり孤独を感じている聡子もまた真修の純粋さに救われ、

真修に必要とされている喜びを感じています。

しかし、周りの人間から見れば2人の関係は不自然な関係です。

聡子自身も自分の気持ちが一体なんなのかはわかっていません。

今後の2人の関係がどうなっていくのか楽しみな漫画です。

「お姉さん」と「少年(通称ショタ)」の組み合わせで「恋」「恋未満の心のふれあい」など甘酸っぱい関係になる…

こういった関係性は「オネショタ」と呼ばれて一定数の人気を誇ると言うのは知っていました。

興味もあったのですが、少年の方の年齢が低くなるとどうしても犯罪の影がちらついてしまい、

あまり得意ではない人も居るのではないかと思います。

私自身はちょっと、年齢差が開きすぎている恋愛に感情移入するのが難しかったのです。

この「私の少年」は30代のOL「聡子」と女の子と見まごうような美少年「真修」の恋愛…というには幼い、

心の触れ合いを丁寧に描いたお話なのですが、この「丁寧」という部分がとても素晴らしかったです。

BookLive!コミックで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【私の少年】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『私の少年』を読む

 

『私の少年』第1話 【美少年との出会い】  ネタバレ・感想

 

 

スポーツメーカーに勤める多和田聡子

彼女が出勤すると、必ず馴れ馴れしく声をかけてくる上司が居ました。

その男は椎川(しいかわ)なんと、聡子の上司であり、元カレだったのです。

そんな彼のめんどくさい絡みを潜り抜けて帰宅途中、ビールを公園で飲んでいると、サッカーをしている子に出会います。

髪を後ろで束ねた美少女に、ボールの蹴り方を教える聡子。

すると、男ですと衝撃的な発言をされてしまいます。

美少女だと思っていた子はなんと、、、美少年早見真修だったのです。

翌日、同じ公園に行くと今度はその美少年が怪しい男に腕を引かれている場面に遭遇。

慌てて母親のふりをして話しかけ、撃退できるものの

こんな夜遅くまで練習してたら危ないという聡子に、クラブのテストが来週末あり、

家では練習できないという真修。

放っておくことができない聡子は、それから毎日公園で真修との練習を続けていました。

そんな中、元カレ椎川から飲みに行く誘いが。

少しだけ期待をしつつ、そわそわと飲みに行くのですが。

まさかのソコで…婚約者を紹介されてしまうのです。

自分ながら、ヘッタクソな笑顔で乗りきったものの、帰りがけ一人になり虚しさを感じ始めた聡子。

期待してたわけじゃないのに…。

そんな中、いつもの癖で真修と練習している公園へ足を向けると

そこには、うなだれた真修の姿があって…。

「お姉さん」と「少年(通称ショタ)」の組み合わせで「恋」や「恋未満の心のふれあい」など甘酸っぱい関係になる…

こういった関係性は「オネショタ」と呼ばれて一定数の人気を誇ると言うのは知っていましたが、

正直私はあまり興味がありませんでした。

ただ、表紙の綺麗さに惹かれて手にとったのがこの作品です。

少年の方の年齢が低くなるとどうしても犯罪の影がちらついてしまい、あまり得意ではないという人も居るのではないかと思います。

私自身は別段抵抗はありませんでしたが、年齢差が開きすぎている恋愛に感情移入するのが難しかったのです。

年齢差のある二人がお互い掛け替えのない相手になっていくのには当然「弊害」があります。

真修の方は憧れも含めた真っ直ぐな気持ちを聡子に向けますが、聡子には葛藤も社会的な倫理観もあるわけで…。

大きくドラマっチックな展開ではなく、繊細で美しい絵柄で、2人の心の触れ合いを丁寧に描いてあるのがグッときました。

「このジャンルの魅力、わかった!」

と初めて思えた一冊です。

コミックス巻末のあとがきに裏話が載っているのですが、美少年好きの編集さんに毎回「真修チェック」され、

ダメ出しをくらっていた話には笑ってしまいました。

 

BookLive!コミックで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【私の少年】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『私の少年』を読む

 

『私の少年』第2話 【お互いの心の傷知り…】  ネタバレ・感想

 

元カレ…椎川からまさかの婚約者を紹介され打ちひしがれる聡子。

無意識のうちに、いつもの癖で公園に来てしまった聡子は、一人佇む真修の姿を見つけます。

彼にどうしたのかと聞いてみたら

もうサッカーを辞めると言い出す真修。

そんな彼の言葉に違和感を覚えます。

伸びた髪 年齢の割に幼い服装

空気の抜けたボール 言い聞かすような大人の言葉

これは親の言葉だ

何度も気づいていたはずなのに…。

真修は育児放棄された子供なのかもしれない。

会話の中で“母親はいない”と言っていたので、父子家庭であることは確か。

昨日と同じ服装で、お風呂に入ってない様子の真修を見かねた聡子は

自宅に連れて行きお風呂に入らせます。

その間、色々な疲れもあってか、聡子はうたた寝してしまいます。

真修の声で目覚めた彼女は、いつものクセで体温計を探してしまいます。

体温を測る習慣…

真修に理由を聞かれた聡子の目からは、意志としない涙があふれ出てきました。

続ける理由はもうないけれど
はじまりだけはずっと覚えてる

椎川との恋愛を思い出し、そんなに好きじゃなかったし未練なんてないはずなのに…

そんな聡子を小さな体で抱きしめる真修。

お母さんが 悲しい時は人の胸の音を聴くといいって

そんな優しく自分を抱きしてくれる真修の頬に手を当て、

サッカーをここまで続けてきたのはあなたよ 終わらせるのもあなたでいい

まっすぐに見つめられ、聡子の言葉に揺らぐ真修は、涙を流しながら

辞めたくない

という本音を漏らします…。

翌朝起きると真修は学校に行く準備をしていて、『またサッカー教えてくださいっ』と笑顔で出かけていきます。

そんな真修の姿を見て『いいよ』と微笑む聡子の姿。

ここから二人の不思議な関係が始まっていくのです。

 

 

BookLive!コミックで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【私の少年】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『私の少年』を読む

 

Step1.「私の少年」で検索

 

Step2.「無料立ち読み」をクリック

Step3.無料試し読み開始です♪

クリック
⇒BookLive!コミックはこちら

 

 

-ヒューマン, 私の少年
-, , , , , , , , ,

Copyright© なつきのオススメ漫画 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.