『この幼稚園は狂っている。』優しそうな先生の二面性 考察・無料立ち読み

 

こんにちは、なつきです。

 

この幼稚園は狂っている。

 

優しそうな先生の二面性

 

の、感想を書いていきます。

 

 

 

漫画、「この幼稚園は狂っている」はタイトル通り狂っている幼稚園が舞台となっています。

 

幼稚園の先生になることを目指している主人公は、なかなか内定がもらえずにコネで幼稚園の就職をすることになりました。

 

 

そこには、優しそうで園児に好まれそうな先生と幼稚園の先生とはかけ離れて笑顔のない女が先輩として待っているのですが、

 

 

優しそうな先生が始めから二面性を見せてきます。

 

 

また、教頭である女性も登場は穏やかで優しそうなのですが、主人公を見る目の恐ろしさから、

 

 

この幼稚園が穏やかな場所ではないことが明確過ぎてしまいます。

 

 

 

めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【この幼稚園は狂っている。】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『この幼稚園は狂っている。』を読む

 

幼稚園の先生が先生をいじめるというのは、ありそうな話なのですが、

 

 

この漫画のタイトルは「この幼稚園は狂っている」ですから、尋常ではないような痛め方で主人公はいじめられてしまいます。

 

 

その姿は見るに耐えかねない、犯罪の匂いしかしません。

 

 

幼稚園では見てはいけない口からの流血事件にも冷静に対応するいじめる幼稚園の先生の姿は恐怖しかありません。

 

 

誰が見方で誰が敵なのかも分からない、このままどうなるのかわからないというような異様さが伝わる内容でした。

 

 

少々グロテスクな描写もありますので、グロテスクなものが苦手な人には向きませんが、

 

 

グロテスク好きにはたまらない作品だと思います。

文章

 

めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【この幼稚園は狂っている。】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『この幼稚園は狂っている。』を読む

 

Step1.「検索」をクリック

 

Step2.「この幼稚園は狂っている。」で検索


Step3.「1話目を無料で読む」
クリック
で試し読み出来ます♪

クリック
⇒めちゃコミックはこちら