『父さんはひとごろし』疑問が浮かんできた瞬間家族が敵に見えて…! 考察・無料立ち読み

 

こんにちは、なつきです。

 

父さんはひとごろし

 

疑問が浮かんできた瞬間家族が敵に見えて…!

 

の、感想を書いていきます。

 

 

 

もしかすると父親が元犯罪者ではないだろうか、そのような疑問というのは実名の公表されない少年犯罪の犯人と父親の境遇が似ていたら、ちょっとは疑ってしまうかもしれません。

 

 

「父さんはひとごろし」は、もしかしたらということが実際に起こってしまったというような内容という、ショッキングな内容の漫画となっています。

 

主人公の少年は、少年が犯した犯罪というテレビを見て、その時の少年は成長して父親と同じ年になって出所していることを知ります。

 

 

めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【父さんはひとごろし】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『父さんはひとごろし』を読む

 

 

そのときから、父親のこれまでには見たことがない表情を見たり、父親の異様な性癖などを知り、自分のなかで疑惑が膨らんでいきます。

 

 

その疑惑は始めから確信に満ちたものですが、主人公が父親の正体を暴こうとすることで、家族が敵のように感じるようにもなっていきます。

 

何かを知っているはずの母親までも敵に見えていくというような、家庭という逃れようがない恐怖と、父親の異様な性格を見ていると、気持ち悪い感情と恐怖

 

 

更にはどうなるのだろうという好奇心に変わり、スリリングさを堪能できる漫画だと思います。

 

始めは家族間のことだったはずが、様々な人を巻き込んでいくというようなストーリー展開もテンポがよくて良かったです。

 

文章

 

めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【父さんはひとごろし】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『父さんはひとごろし』を読む

 

Step1.「検索」をクリック

 

Step2.「父さんはひとごろし」で検索


Step3.「1話目を無料で読む」
クリック
で試し読み出来ます♪

クリック
⇒めちゃコミックはこちら